パソコンスキル講座 1 「ファイルとフォルダー」

ファイルとフォルダーの区別が良く分からないですね。私もそうでした。

1.ファイル

 ファイルは、例えばワード、エクセルやメモ帳などに記事を書いて保存するとき、「ファイル」から「名前を付けて保存」などを選び、保存します。

デスクトップに保存したとき、アイコン(絵やマークなど)が出ます。

そのアイコンをダブルクリックするとファイルが出てきます。

この保存したデータのことをファイルと言います。

2.フォルダー

 フォルダーは、ファイルをまとめているものです。

フォルダーをダブルクリックするとフォルダーが入っていて、それをクリックするとファイルが出てきます。

例えば「パソコン基礎講座」のフォルダーを作る時、ドラック&ドロップと言ってマウスで必要なファイルを左クリックして押したまま、移動してフォルダーの上に持って来たら離すとフォルダーに入ります。

 左クリックは、基本的にはページを進めたり、アイコンなどのソフトをダブルクリックすると起動します。

右クリックは、編集したり作成したりするとき使います。動画などを保存するとき、右クリックして「対象を保存」をクリックすると保存されます。

2015年9月8日 カテゴリ – パソコン基礎講座 コメント : 0

コメントを残す

サブコンテンツ

i2i

外国の通貨を売買

このページの先頭へ